« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月22日 (火)

事故責任・自己責任

昨日、仕事へ向かう電車の窓から
青空をバックに真っ白な富士山が
奇麗に浮かび上がっていた。
”あそこで残念な事故があったんだな。”
そんなふうに、ふと思った。

いろいろとTVで報道されている。
唯一生還したリーダーが
「全ては僕の責任です。」
と声を振り絞った。
とあるニュースワイドでは、
「法的な責任という観点から・・・」
なんて解説をしていた。

山に於ける責任。
よく自己責任という言葉が使われる。
今回の遭難、その言葉がまさに
ぴったりあてはまると思う。

昨日の仕事の帰り、
「カタヤマはやっっちゃったと思います?」
と訊かれた。
「というより、亡くなった人達がやっちゃった
とも言えると思いますよ。」
わしはそう答えた。
確かに、一般的にはリーダーの
責任が問われると思うが、
山って、それだけじゃないと思う。

夏の北海道で起きた遭難事故も
金を取ってお手軽簡単を売りにする
ツアー屋にも当然問題はあるが、
金払ってるんだから、と全てを
任せる側にも問題はある。
日米安保じゃないのだから
最後は、我が身は自分で
守るしか無いというのが
自然の中、だと思う。

自然って、楽しめると
勘違いしないほうがいい。
楽しめる自然は、
既に人の手が入った
”人工”なのだから。

さあ、寝よう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

時間

あれこれ、
書きたいことは
毎日のように感じているけど、
書こう書こうと思っているだけで、
時間が過ぎて行く。

・事業仕分けの事
・OD3の事
・山に行った事
・COP15の事
・富士山の事
・呑んだ事

タイミングを逃すと、
書けなくなる事は多い。
思いついた時に、
ささっと書ければ
いいんだけれど、
考えて、
読み直して、
修正して、
読み直して。
気がつけば
ダラダラと纏まりの無い
長いだけの文章に
なっている。
だから、
何かを書く時は
纏まった時間が
必要になる。

時間の使い方が
下手なだけなんだろうけど・・・

さて、寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

”愛護”とか、”保護”とか

動物が好きです。
特に、ネコが好きです。
でも、
ペットショップは大嫌い
です。

「犬と猫と人間と」
という映画を以前紹介しました。
今日、ようやく観に行けました。

徳島の愛護センターのシーンは
印象的です。
”崖っぷち犬”が世間で話題になっていた頃、
同じ時間に同じ場所で行われていた
同じ行為が、対照的に映し出されています。

とある愛護センターの所長さん。
「処分するのが、動物好きの我々で
良かったのかもしれない。
好きでもない人が処分したら、
それこそただのモノとしか扱って
貰えないだろうから。」
涙を堪えているようにも見える表情で
そう語る言葉の中に、
そこで働く人達の、本当の気持ちが
見えた気がしました。

イギリスには、
野良犬も野良猫もいないそうです。
しかし、殺処分される犬猫の数
日本の1/15だそうです。
イギリスのペットショップでは
犬猫を売っていないそうです。
大変好感が持てます。

機会があったら
ではなく、
機会を作って
1度ご覧になってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

明日は我が身

昨日の話だが・・・

とある中学校での作業を終えたのが
19時30分くらい。
基地からそう遠くないその学校から
我が家へ向かう電車は空いていて、
座る場所を選べる程だった。

いくつか駅を進んだ時、
気持ちよく酔っ払い、
足元覚束ない、初老の男性が
乗り込んで来た。
わしの隣に座ったその男性、
案の定すぐに”瞑想”し始めた。
瞑想が深くなるにつれ、
左右に傾き始めたのだが、
それ以上に前に屈み込んでいった。
始めは鞄を抱えこむ程度だった
その角度が、次第に深く
膝を抱えこむ程に丸くなって来た。

左右に小さく傾きながら、
その姿勢を保ち、
いくつかの駅を過ぎて行く。

シートは全て埋まり、
立っている乗客も増えて来た頃、
膝を抱えこむその姿勢のまま、
小さく腰が浮いたかと思った瞬間。
そのままそのオッサンは前転した。
でもオッサンは瞑想したままだから
手は膝を抱えこむような形を
維持しながらの前転となり、
当然頭から着地した。
”ゴンッ”という鈍めの音を発しながら。

「あいた~っ!」
と言いながら、
瞑想はなかなか解けない。
暫く床から起き上がれず、
同行していたもう一人のオッサンや
周りの乗客の手を借りながら、
ようやく座っていた位置に戻った。

今日起きた時、
そのオッサンは
”謎の頭痛”に襲われ、
何が原因か思い悩んだ事だろう。

呑む機会が増えるこの時期、
”明日は我が身”・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »