« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月19日 (火)

久し振りに、機械好き

土曜日、半年以上振りに単車に乗った。
新宿へ、PCのパーツを買う為に。
あんなにほったらかしだったのに
快調に走ってくれた。
あちこちメンテで手を入れなきゃ
いけない所はあるけど、
元気に走ってくれた。

そして、単車に乗って仕入れて来た
パーツで、数年振りにPCを
アップグレードした。
かなり処理速度が上がった。

単車もPCも、いじっていると
かなり楽しい。
手を入れてやると、
操作する自分に応えてくれる。
”こんな感じで動いて欲しい”
と狙って改造して、
期待した通りに動いてくれると
かなり嬉しい。

何処に行くにも単車に乗って。
理想のPCが組み上がるまで、
あれこれパーツを入れ換えたり。
そんな頃を思い出した。

また、単車で野宿しに行こうかな。
定格以上で安定稼働できるよう、
あれこれ試してみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

奇跡・・・!?

今シーズン初の
ホームゲーム観戦に行って来た。
そう、ホッケーの話です。
久し振りのホームゲーム。
前売りは買ってないから
当日券の自由席。
早めに行ったけど、
立ち見は覚悟。

満員御礼の中
試合は始まって・・・
いきなり失点した。
ずるずる相手のペースに
引き込まれながら、
1ピリで3失点。
何とか1点返すものの、
いや~な流れ。

2ピリ。
1失点するものの
何とか持ち堪えた。

3ピリ。
1点返して、さあ追い上げムード!
ってところで、すぐに失点。
ん~~~、奇跡は起きないのか。
と思ったら、2点追加で
遂に1点差まで追い上げた!
さあ、逆転へのカウントダウン。
6人攻撃の始まり!
相手陣内で優位に進めてる
と思いきや、自陣の空っぽのゴールに
立て続けに放り込まれて
結局3点差で負けちゃいました。

で、何が奇跡かって言うと、
ホッケーのゲームの話
ではなく・・・

今日の移動は電車とバス。
阿佐ヶ谷→新宿(総武線各停)
新宿→栗橋(湘南新宿ライン各停)
栗橋→新栃木(東武線各停)
新栃木→東武日光(東武線各停)
東武日光→アイスアリーナ(路線バス)
帰りも、全く同じ路線・同じ乗り継ぎで
戻って来ました。
いつもなら、浅草から快速とか
使うんだけど、今日の場合は
面倒だけどこのパターンのほうが
速かったから。

乗り換えは多かったけど、
阿佐ヶ谷から乗って
アイスアリーナで降りて。
アイスアリーナで乗って
阿佐ヶ谷降りるまで、
全部座れたんです!
こんな事、始めて。
まさに、奇跡!!

・・・試合中は立ちっぱなしだったけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

年末と年始

謹賀新年
今年もよろしくお願いします。
===========================================
この時期の恒例行事。
日本中で繰り広げられる
”帰省”。
わしの実家は宇都宮だけど、
最近は妹夫婦が居を構える
前橋に集まる事も多く、
今回も前橋への”帰省”となった。
その行程は、大晦日からの
2泊3日。
---------------------------------------
31日。
大掃除の残りと
お土産の仕入れを済ませて
新宿を出たのが14時過ぎ。
皆の顔が揃って、
荷物を下ろして一段落すれば、
一杯始まるのは当然の成り行き。
時間は17時過ぎ。
我が親父殿は、
アルコール摂取量が多くなると
言動が”寅さん”にかなり近くなってくる。
解るような解らんような、
言いたい事を言うだけ言って、寝てしまった。

紅白歌合戦。
今回もBGV的にTVから流されている。
あまり興味は無いので、
何となく、たまに横目でチラチラ眺める。
おや、エーちゃんが出て来たよ。
この人も特別な存在なんだろう。
どんなに可愛い女の子でも、
ある年齢に達すれば
自分を名前で呼ぶ事を快く
思われないモノだが、
「ヤザワ、60になりました!」
と叫ぶと、カッコイイといいう事になる。
---------------------------------------------
元日。
朝から親父殿はほろ酔い。
昨晩開けていなかったハズの
四合瓶が半分以上、
無くなっている。

さて、元日と言えば初詣。
「今年は何処に行こう。」
というところで、
もう神様を信じていない
という気がするのだが、
まあ恒例行事だから
その形を取る事が大事なので、
皆で出かましょう。

今年は、TVCMもお馴染みに
なって来た、”前橋厄除け大師”
へお参りに行くことに。
川崎大師の第一分身なのだそうだ。
車を停めて駐車場に降り立つと
真新しい巨大な七福神がお出迎え。
”ん?お寺、だよな・・・?”
門をくぐろうという所で、
先行く人達が財布から
小銭を取り出している。
線香の小さな束、そして
「100円の管理費をお願いします。」
と、小さな箱。

境内に入ってすぐ、
真新しい巨大な観音様が
墓石の間にドーンと立っていて、
足元には[浄財]の箱。
そして、目を反対側へ転じると
真新しい”身代わり不動尊”が二体並んで、
参拝者からザブザブと水をかけられている。
背中合せの反対側には、
真新しい”銭洗い弁財天”。

墓地を抜け本堂に向かう途中、
真新しい”縁結びの神様”と[浄財]の箱。
それに並ぶように、
真新しい”何とかの神様”と[浄財]の箱。
巨大な天狗の面の前に
[浄財]の箱。
御札売り場の前には、
真新しい”学業の神様”と[浄財]の箱。
鐘の周りには、四国八十八の札所を
彫り込んだ真新しい石がぐるっと
並べられている。
そして・・・
「鐘つき1回100円」の箱。

御札や破魔矢の売り場へ足を運ぶ。
壁に貼られた”厄除け早見表”
その横には・・・
「厄の重なった方は、大きな御札一つより
それぞれの小さな御札を揃えたほうが
効き目があります。」
で、大きな万能?札は一万円。
小さな専門?札は五千円。

お寺だか神社だか判らない、
初詣テーマパークを後にすると、
赤城山が雄大に聳えていた。

夜になれば、これまた恒例の
”麻雀大会”。
まずは大人同士で卓を囲み、
わしがトップになりました。
次に、高校・中学の甥っ子達と。
子供相手でも手を抜きません。
上がる時はきっちり上がり、
でも振り込むことは決してせず。
勝負の世界は厳しいのです。
---------------------------------------
2日
流石に疲れたか、
親父殿はソファーでグーグー寝ている。
TVでは箱根の熱戦を伝えている。
しかし、東洋大の柏原という選手。
去年の快走から今年も期待が大きい。
そして、その期待と自らの目標を
クリアする好記録。
しかも、余力を残したようなゴール。
近年の日本陸上界を見ると、
この選手に将来のオリンピックを
期待してもよいかという所には
疑問が残るが、
取り敢えず、来年の”山登り”には
大きな期待をかけてもいいかな。
===========================================
明日から、労働です。
あっという間だね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »