« 【アルバム】10年05月木賊温泉 | トップページ | 【アルバム】10年05月ユガテ・顔振峠 »

2010年5月 5日 (水)

いつか来た道・大名栗林道

10年くらい前までは、
毎月何処かへツーリングへ出かけていた。
山登りを始めた頃、
登山口までは単車で行っていた。
帰省にも単車を使い、
通勤も単車。
そう、移動手段は
単車一辺倒だった。

前職を退いてから、
単車に乗る事が、殆ど無くなった。
でも、今年に入ってから、
できるだけ単車を動かすようにしている。

乗るようになったら、
また単車の楽しさを
思い出して来たようだ。
思い出したら、
楽しく走っていた
林道に行きたくなった。

予定はしていなかったが
GWだから、林道に行こう。
そう思い立った。
じゃあ、何処行く?
ちょっと調べていたら、
名栗に手頃な林道が
あるらしい・・・

青梅街道をひた走り、
青梅駅から飯能方面へ。
名栗湖の手前にある
温泉宿の前を通り過ぎて、
程なく走れば
砂利道の始まり。
工事車両以外通行止
のゲートがあるけど、
そんなものは、あってないようなもの。
凹凸に轍、砂利や水たまり
路面の変化をダイレクトに受け
股の下で暴れる喜助。
宥めすかすように
その術を思い出しながら
標高を上げて行く。
峠を超えて、下りになれば
喜助の挙動はまた変る。
これが、操る楽しみ。

暫く走ると
「歩行者に注意」の看板。
”あ、あの時の道だ!”
4年前、友達と登った棒の折山。
その時に歩いた林道だ。
この日も登山者と擦れ違う事があった。
懐かしいなあ、
あの時は、反対の立場で
走り去る単車の排気音
聞いてたんだよな。

全長20km弱に及ぶロングダート。
出口はもうすぐ、かと思ったところで
道をがっちり塞ぐフェンスが現れた。
2m程度ではあるが、
道幅いっぱいに穴が開いていて
通り抜けは不可能。でも・・・
よく見れば、フェンスは開けられる。
穴の横の法面を駆け登れば、
崩落箇所も通過可能。
道端に腰を下ろして、
用意して来た昼食を頬張りながら
しばし考える。
でも、今日はリハビリだから、
休憩したら引き返そう。

春を迎えて、緑に覆われた山肌に
時折点在する桜も楽しみながら、
存分に楽しんだ林道を後にし
青梅駅に着いたのは14時30分。
青梅街道を真っ直ぐ戻って
十分明るいうちに
我が家へ帰り着けた。

また、テントを括り付けて
林道野宿旅、したいな。

|

« 【アルバム】10年05月木賊温泉 | トップページ | 【アルバム】10年05月ユガテ・顔振峠 »

単車」カテゴリの記事

コメント

一人は、あぶないですね(^^;
でも、お供できるバイクがないのです(;_;)

投稿: kj | 2010年5月 6日 (木) 20時52分

>kj
 崖を駆け上がる、と言っても
 きっちり踏み後は付いてたし、
 自転車を押して通れるくらいの緩い傾斜だったから
 かなり、”突破”するほうに心は傾いてたけどね。
 わしと同じ方向から走って来た人他に2人、
 反対方向から走って来た人達5~6人。
 皆悩んだ揚げ句・・・引き返してました。

投稿: めたろー | 2010年5月 6日 (木) 23時37分

楽しいこと、やってるじゃんか!
なんか良いねえ。
そういうささやかな幸せが、良いんだよね。

僕の中では、たまに、ごくたまに、湘南新宿ライナーのグリーン車に乗って、
缶ビールを飲むようなもの・・・。
違うか・・・。

投稿: CHU | 2010年5月 8日 (土) 00時14分

>CHU先生
 お久しぶりです、お元気ですか?
 コメント、ありがとうございます。happy01

 ホント、何年振り?ってくらいにダート走りました。
 1本しか走ってないけど、往復で約30km。
 リハビリには十分でした。

 CHU先生のとはちょっと違うけど、たまには
 こういうささやかな?幸せが嬉しいですよねgood

投稿: めたろー | 2010年5月 8日 (土) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536365/48280466

この記事へのトラックバック一覧です: いつか来た道・大名栗林道:

« 【アルバム】10年05月木賊温泉 | トップページ | 【アルバム】10年05月ユガテ・顔振峠 »