« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月20日 (日)

進化する・不便になる?

実家のPCが、遂に限界に来たようだ。
「使用中に突然真っ暗になる。」
状況は今ひとつ掴めないが、
”本体が異常に熱くなっている”
のだそうだ。という事は・・・
遠隔で指示を出して
解決出来るモノで無い事は確か。
新しいのが欲しいようだし、
遠隔でサポートするのも限界に来てる。
という事で、
購入のアドバイスと
新PCのセットアップをする為
実家へ帰る事になった。

実家近くにある
「安値世界一への挑戦」を掲げる量販店へ。
使うのは両親、最新は要らない。
ハイスペックも要らない。
親父が仕事で使う
MS Officeが入ってればいい。
予算とスペックの折り合いの付く
富士通製のデスクトップをご購入。

今まではWindowsXPを
何とかかんとか使っていたが、
今度のマシンは、Windows7。
同じ事をするにも、
手順や表記が変っていたりして、
また、1から覚え直し・・・。
確かに、クリックする回数は
減ったかもしれないが、
今まであったモノが
何処にあるのかを
探す所から始まり、
その場所を覚えた所から
使い方を覚えて行く。

70を過ぎた老夫婦には、
今まで通りに使えるまでに
どれだけ挫折を味わうだろう。

サポートする事を考えても、
そろそろ本気で
Windows7への移行を
考えなきゃならなくなった。
でも、OSって安くねえからなあ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

政治家を育てる

首相が、
また交代した。
引きずり下ろされた、とも見える。

イラストレーターの
山藤章二氏が
”正に、そのとおり!!”
と共感出来るコメントをしていた。
「首相は国民が育てる。」

マスコミを始め、国民は
”ダメだダメだ” の大合唱。
どうすればいいかを共に考える事はせず、
センセーショナルに煽っているだけだ、
と山藤氏は言う。
確かにマスコミは、
誘導尋問のような世論調査を
週に何度も小まめに発表し
勝手な解釈を付けて煽り立てる。

受け取る側も鵜呑みにし、
何がいいのか、を考える思考回路は停止状態。

先日、完全試合を
誤審で逃した投手の話題が報じられた。
彼は言う
「完全な人間なんていない。」

確かに、政治家のワキも甘いのだろうし、
資質の問題もあるのだろうけど、
「ダメだダメだ」 「辞めろ辞めろ」
の合唱しかできないうちは、
この国は良くならんだろうし、
誰が総理になろうが、
どこが政権与党になろうが、
それこそ”変らない”と思う。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

富士が見えるところ

日本人は、
富士が見えると嬉しい。
日本人は、
富士が見えると落ち着く。
言わずと知れた日本一。
山の事を何一つ知らなくても、
富士山を知らない人は
いない。

富士山に近くなくても
富士山を望める場所には
”富士見”と名の付く土地は多い。
それは、”坂”であったり
”台”であったり、”丘”であったり。

出勤の中央線の中、
天気が良ければ
富士山はよく見えた。
それが楽しみでもあった。

今週、天気は安定し
雲一つない空の下、
職場へ向かう日も続いたが、
富士山が見える日は
無かった。
富士山が見えた方角は
薄暗く淀んでいた。

青い空、
白い雲、
秀麗な富士。
やっぱり、見えたほうが
嬉しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »