« 富士が見えるところ | トップページ | 進化する・不便になる? »

2010年6月 6日 (日)

政治家を育てる

首相が、
また交代した。
引きずり下ろされた、とも見える。

イラストレーターの
山藤章二氏が
”正に、そのとおり!!”
と共感出来るコメントをしていた。
「首相は国民が育てる。」

マスコミを始め、国民は
”ダメだダメだ” の大合唱。
どうすればいいかを共に考える事はせず、
センセーショナルに煽っているだけだ、
と山藤氏は言う。
確かにマスコミは、
誘導尋問のような世論調査を
週に何度も小まめに発表し
勝手な解釈を付けて煽り立てる。

受け取る側も鵜呑みにし、
何がいいのか、を考える思考回路は停止状態。

先日、完全試合を
誤審で逃した投手の話題が報じられた。
彼は言う
「完全な人間なんていない。」

確かに、政治家のワキも甘いのだろうし、
資質の問題もあるのだろうけど、
「ダメだダメだ」 「辞めろ辞めろ」
の合唱しかできないうちは、
この国は良くならんだろうし、
誰が総理になろうが、
どこが政権与党になろうが、
それこそ”変らない”と思う。

|

« 富士が見えるところ | トップページ | 進化する・不便になる? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

まさにその通りだな!!
結果、国民がアホなんだね、、、
政治家を職業にしちゃいけないよな。
官僚もだけどね。
皆さん聖職でしょ?
古すぎますかね、この考え。

投稿: | 2010年6月 6日 (日) 18時17分

同感です。

煽ることで国民の判断を狂わせ
混乱させることによって利を得ている輩が
いるという事に気づかねばなりません。
このままでは、誰がなっても同じです。

ただ、今回は本人の意志ではなかったように見えること、
辞めるにあたり、幹事長もともに辞任
という条件をつけ、意地を見せてくれたこと、
後任者に、自分の理念をある程度は理解
している人間を据えたことなど、
今までの逃げの辞任とはまた違っている
ようにも思えました。
私もまだまだ甘いのかもしれませんが・・・。

斜にかまえて諦めて分かったような事を
言うのではなく、国民ひとりひとりが
問題意識を持って、どうしたらいいのか
考える事は、とても大切だと思っています。

投稿: ちえぞう | 2010年6月 6日 (日) 21時12分


 お久しぶりです。
 ・・・って、CHU先生かな?

 少なからず、志を持って立つ訳だと
 思うんですがねえ・・・
 やった事に対する賛否は大きく分かれると思いますが、
 小泉純一郎という人は、
 何を言われようが強く押し通して任期をまっとうした、
 という点に於て、正にリーダーだったと思えます。

投稿: めたろー | 2010年6月 7日 (月) 00時27分

>ちえぞうさん
 ご賛同頂きありがとうございます。

 そうは言っても、我々は常にその場で
 一言一句を聞き漏らさず、その真意を判断する事は
 不可能です。
 そうなると、結局報道される事でしか判断できない
 訳なので、「TVで言ってた」 「新聞に書いてあった」
 と額面通り受け止めることは、かなり危険だと
 言えるのでしょうね。
 
 問題意識を持ち、諦めずに投票する事って
 やっぱり基本だと思うので、
 棄権はしてはいけない行為だと思います。

投稿: めたろー | 2010年6月 7日 (月) 00時37分

読売、産経と偏光報道、酷いですよね。

政治家も諸外国にならってネットメディア
でメッセージを発信していくべきと思います。
ま、、そんな勇気ある政治家、政党ないと
も思いますが。

小沢は顔が悪いからだ。
三度も不起訴されてるのに、きっと裏で
悪い事やってるに違いない。

身近でこんな感覚的な意見しか出ないってのが
洗脳成果で今の国民のレベルだと思います。
自立しないと国民も。。

しかし常識的な想像をしますとあれですよね。
有能な人にとっては日本の政治家になることは
とてもリスキーでしょうね。
金を持ったら叩かれ、ちょっとしたスキャンダルで大きい信用を失墜する。
志とのバランス崩れたら、日本政治から離れていく(それどころか国外流出)、、
そんなスパイラルに陥ってるように思います。

投稿: ぽっか | 2010年6月 7日 (月) 10時21分

>ぽっかさん
 ネットの使い方は”難しい”ですからね。
 まだまだ使えるセンセイはいないでしょう。
 (ましてやお年を召したエラいセンセイは・・・)

 しかし、訳知り顔の評論家も多過ぎるように感じます。
 近い所にいていろんな事を知っているのでしょうけど、
 所詮、真相ではなく予想でしかない。
 それがもっともらしく聞こえてくれば、
 「TVで言ってた」って事で、鵜呑みにする人も
 沢山出てくる。

 監視役としてのマスコミは重要な役割ですが、
 今のマスコミが監視しているのは、
 何時足が揚がるのか、揚がった足を如何に
 掬い取るか・・・だけでしょうね。

投稿: めたろー | 2010年6月 7日 (月) 21時45分

「どうすればいいかを共に考える事はしない。」

「ダメだダメだ」 「辞めろ辞めろ」の大合唱。

日本人のこういった姿勢は、政治だけではなく
日常社会でも数多く見受けられますね。

平和ボケしてるんでしょうかね<笑>?
そんな自分も日本人なんですが。

批判だけ、するのは簡単です。
批判から、思考も始まると思います。

そこから先に進むのが重要ですよね。
僕も賛同いたします。

投稿: mote | 2010年6月 8日 (火) 00時53分

本当に最近1年首相が続いた事ありましたっけ?っていう感覚ですね。

本当に人の上に立つというのは大変ですが、それが国のトップともなれば、普通の精神力ではもたないでしょうね。

小泉さんは最後どたばたでしたが、本当にここ最近で真のリーダーシップを取っていたのは彼だけだと思いますね。

もうすぐ参院選挙ですね。

投稿: のだーる | 2010年6月 8日 (火) 09時20分

>moteさん
 そう、文句を言うだけなら簡単ですよね。
 そして、確かに考える事も批判から始まるのだと
 思います。
 今のマスコミは、数字を取る為に煽る事だけに徹し、
 監視役としての批判は、まるで出来てないと感じます。

投稿: めたろー | 2010年6月10日 (木) 00時06分

>のだーる
 よりによって、一国のトップがこうコロコロ変っては、
 ”同盟”どころか、信用して貰えるハズも無いよ。
 で、君の結婚式に祝電をくれた、あの小泉さん。
 やった事の賛否は大きく分かれるし、むしろ
 終わってみれば批判のほうが大きいかもしれないけど、
 しっかりしたヴィジョンと何を言われてもブレない姿勢、
 堂堂としたリーダーだったと思います。 

投稿: めたろー | 2010年6月10日 (木) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536365/48555706

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家を育てる:

« 富士が見えるところ | トップページ | 進化する・不便になる? »