« 道具 | トップページ | 太平洋から日本海へ »

2011年1月30日 (日)

口内炎・セカンドオピニオン

茶太郎の食餌療法を始めて
もうすぐ1ヶ月になろうとしている。
が、最近また食べ辛そうなので
この辺で医者に診て貰おう。

という事で、かかりつけでも良かったが、
ちょっと離れた別の病院で、
免疫関連に力を入れている獣医がいる
との情報を見つけたので、
今回はそちらへ連れて行く事にした。

口内炎を患っている事、
今まで行ってきた治療の内容、
治療に関する希望、等を伝え
今後の治療法について相談をする。
茶太郎はまだ3才。
歯石が溜まっている訳でも無く、
口内炎を患うには若いという事で、
エイズや白血病、カリシウィルス等
感染症からの発症も疑われるとの事。
確かに、拾って来てから
検査をした記憶が無い。
まずは、その検査をしてもらう事にした。
(結果は2/2くらいに出る予定。)

体に負担をかけずに免疫力を上げて
回復させたい意向を伝えると、
数種類の薬剤やサプリメントを並べ
それぞれの特徴や期待できる効果を
説明してくれた。
ステロイド剤についても
「治療法として間違いでは無い。」
口の中の様子を見ると、
腫れはあまりひいていない。
これじゃ食べ辛いし、当たれば痛い。

あれこれ相談した結果、
赤外線照射とサプリメント投与の
併用で様子を見ることにした。
使用するサプリは、春ウコン。
赤外線照射の為に
暫くの通院は必要だが、
効果は期待できそう。

そうそう・・・
約4kgの茶太郎をカゴに入れて、
片道10分弱の道のりは、
結構腕に来るし病院に着くと汗ばむ事も。
通院は、わしの運動不足解消にも効果的?

|

« 道具 | トップページ | 太平洋から日本海へ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

4Kgは結構重いですよね(^^;)
いい運動になりましたか、、(^^;)

猫も口内炎になるんですねー。
人間と一緒だ、、。
ちゃんと食べることが出来ないと、
かわいそうですよね。
早く治るといいですね。

投稿: winnie | 2011年1月30日 (日) 23時34分

>winnieさん
 ありがとうございます。
 猫の口内炎は、重篤になると切除手術が
 必要になったり、全抜歯に至ったりと
 軽く見られません。
 免疫力UPで、早く快方に向かって欲しいです。

投稿: めたろー | 2011年1月31日 (月) 00時22分

検査の結果、何事もないといいですね!
病院を変えると状況も良い方に変わるかも
しれませんね。
獣医って、病院によって医師の見立てや
治療法・金額も違ってきますから。
うちで昔飼っていた雄猫は大きくて5キロ
以上ありましたよ。
重かったけれど肩乗り猫で病院までの道のりをエッチラオッチラかついで行ったものですcatface

投稿: 風 | 2011年1月31日 (月) 01時55分

>風さん
 獣医、と言ってもやはり得手不得手はあるでしょうし、
 犬に比べて猫は苦手、にする獣医は多いとも聞きます。
 かかりつけだった病院に不安があった訳では無いですが
 違う病院に行ってみて、その違いは実感できました。

 しかし、5kgとは大きい!
 でも、肩に乗ったままだなんて、大人しいネコですね。

投稿: めたろー | 2011年1月31日 (月) 22時54分

はじめまして。
茶太郎くん、その後いかがですか?
うちの実家の子も去年の夏ごろから口内炎を患って、
月1回の頻度で抗生剤の注射を射っています。
注射を射ってもらっても、
しばらくするとまたよだれが出てきて
ごはんも食べれなくなるので、
なんとかしてあげれないものかと、
いろいろ検索していてこちらにたどり着きました。
今日、ビオフェルミンを買ってきたんです。
実家に送って母に試してみてもらおうと思っています。
効果が少しでもあればいいんですが…。
うちの子もまだ3歳なんです。
まだまだ若いのに、ほんとうに不憫でなりません…。
にゃんこの口内炎…。
一日も早く画期的な治療法がみつかるといいですね。
おだいじに〜。

投稿: andi | 2011年2月17日 (木) 21時09分

>andiさん
 はじめまして、コメントありがとうございます。
 月に1度の抗生剤注射は大変ですね。
 茶太郎の場合は、半年くらいに1度抗生剤を処方して頂き
 1週間飲ませると症状が緩和しました。
 カリシや猫エイズの検査は受けましたか?
 若い猫の口内炎は、それらの感染症から来る事も
 多いらしいですよ。

 茶太郎の口内炎、徐々にではありますが、快方へ
 向かっているようです。
 今は春ウコンではなく、セファランチンという錠剤を
 処方して頂き、ビオフェルミンと併用しています。
 何れにしても、免疫力向上には時間がかかります。
 ビオフェルミンやセファランチンも、全てのネコで
 効果が期待できる訳では無いようなので、
 経過を見ながら何が最善なのか、考えてあげたいですね。
 
 そうそう、獣医さんがおっしゃってたのですが・・・
 自然食(生の魚)を与えることはとてもいい事だが、
 できるだけ小さい魚のほうが良い、との事でした。
 鮪は喜んで食べるかも知れないけど、水銀を
 溜め込んでる事があるので、できるだけ避けたほうが
 いいらしいです。
 とは言っても、市販の猫缶は殆どまぐろ、なんですよね・・・

投稿: めたろー | 2011年2月17日 (木) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536365/50729454

この記事へのトラックバック一覧です: 口内炎・セカンドオピニオン:

« 道具 | トップページ | 太平洋から日本海へ »