« 2011年12月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月27日 (火)

プレーオフファイナル・こんな事もありました。

●日光が近付くと、
 薄く雪を纏った男体山と
 そこに連なる山々が見えてくる。
 栃木生まれは、男体山に安心する。

●駅からアリーナまではバスで。
 ・・・と思っていたが、
 1時間に1本のバスは出たばかりだった。

●歩いて行けない距離じゃない。
 チケット発売まで時間もあまりない。
 って事で、歩いてアリーナまで向かう事に。

●歩きだして程なく・・・
 「あの~、霧降に行くんですか?」
 とある車に呼び止められる。
 ありがたく同乗させていただく。

●助手席には、これまた偶然乗せて貰った
 という男性。
 話を聞けば、なな何とチームの取締役!
 (コラムニストのえのきどさんです。)

●アリーナまでの短い時間、
 裏話的なものをちょこっと話してくれた。
 セミファイナルで怪我をし、
 ファイナルには出ていない
 ゴールキーパーの状態、とか。

●ゲームが終わり、セレモニーも一通り
 終わって、外に出てみればもう夜。
 市街地から離れたアリーナの空には
 星空が広がっていた。

●東京に戻るべく駅に向かうが、
 電車出発までは30分程度ある。
 駅近くのコンビニで夕食を調達。
 レジで支払いしていたら・・・
 えのきどさんが入ってきた。
 「お疲れさまでした。」
 と声をかけていただく。

●買い物を済ませて発車待ちの車内へ。
 パンをかじり始めたら・・・
 えのきどさんが乗ってきた。
 って事で、えのきどさんとは
 東京まで同じ電車なのでした。
 (お話しする事は無かったけど。)

●特急も快速も終わった時間に日光を出れば
 阿佐ヶ谷に着くのは日付が変わった頃。
 お疲れさまでした~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

アイスホッケー・プレーオフファイナル

アイスホッケーの試合を観に行った。
日光をホームとする
アイスバックスを応援するために。

毎シーズン、下位に低迷するバックスだが
今シーズンは開幕から好調で
シーズン序盤は首位を快走した。
中盤失速し、最終順位は3位だったが
これも毎年の事を思えば快挙と言える。
上位4チームで争われるプレーオフ、
3位だったバックスの相手は
2位のアニャンハルラ
2連覇中の韓国の強豪。
大方の予想はやはり、ハルラ優位。
ハルラはホームで危なげなく2連勝、
ファイナル進出へ王手をかける。
後の無いバックスは、
「日光へ帰ろう!」を合言葉に戦った。
リーグで一番熱いサポーターが待つ
ホームへ帰れば、何かが起きる。
そして、見事ホームでの決戦に持ち込んだ。

「霧降劇場」と呼ばれるホームリンク。
2連勝したバックスはファイナル進出を勝ち取る。
そう、何かが起きたのである。
前身である古河電工時代も含めて、
ファイナル進出は初、快挙だ。

ファイナルの相手は王子イーグルス
霧降で戦えるのは、苫小牧で3戦した後となる。
圧倒的な攻撃力と鉄壁の守備を誇る王子。
それでもバックスは初戦を勝ち、
悪くても霧降での決戦を確定する。
さあ、こうなれば応援行かなきゃダメっしょ!

奇跡を信じ、歴史的瞬間を目の当たりにする。
そう信じたバックスファンが霧降劇場に押し掛ける。
その数は2,000人を超えた。
プロ野球やJリーグから見れば微々たる数字だろう。
でも、霧降アイスアリーナの収容人員は2,000。
その収容数も超えて、立ち見客もあふれる程になった。
劇的なオープニングセレモニーに、
サポーターの気持ちも徐々に高揚してくる。
そして、ゲームが始まった!

第1ピリオド、0-1(シュート数 6-17)
開始早々失点する。
予想通り、守る時間が長くなるが、
何とか1失点で凌ぐ。

第2ピリオド、0-1(シュート数 3-14)
我慢の時間は続く。
それにしてもシュートが打てない。
このピリオドも得点できず1失点。

第3ピリオド・・・
「20分あれば2点取れる!」
サポーターの1人が声を上げる。
それにサポーターたちが応える。
そう、皆信じている。
しかし、ピリオド序盤に更に
重たい3点めを失う。
でも、誰も諦めていない。
「1点取れれば・・・」
そう信じて、声援は更に高まる。
そして、それに応えるように遂にゴールを奪う。
アリーナが揺れた。観衆が爆発した。
霧降劇場の開演、ムードは一変する。
その後のパワープレーで追加点を挙げる。
声が震えた。涙が溢れそうになる。
追いついた訳ではないけど、
もう逆転を疑う者は誰もいない。
「ミラクル日光!」
会場全体が声を限りに後押しする。
アリーナは揺れ続けている。
そしてそして、遂に遂に・・・
キャプテンが同点ゴールをねじ込む!
これぞ霧降劇場!
僅かな時間に追いつくのだから、
かなり攻勢に出たのかと思いきや・・・
シュート数は、6-14とそれまでと変わらない。
正に、霧降劇場。

試合はそのまま延長戦になだれ込むが、
一瞬の隙をつかれ決勝ゴールを決められると
大歓声に包まれた霧降劇場は静まり返った。

高橋健次氏(健さん)
バックスの創設に尽力し、
命を懸けてバックスを守った彼にも
あの空気の中に一緒にいてほしかったなあ。
いや、もしかしたら・・・
アリーナのどこかで見守っていたのかもしれない。

シーズン終了の挨拶をしたセルジオ越後SD、
「サッカーもいいけど、
やっぱりアイスホッケーはやめられないね!」
今シーズンは、ほとんどリンクに
足を運べなかったが、
来シーズンはもっと応援に行こう。
ホント、アイスホッケーはやめられない!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

座卓

テーブルを探していた。
急ぎではなかったし、
サイズにある程度の制約があったので、
のんびり探していた。
デザインに拘りはないが
4,000円でお釣りは欲しかった。

暇をみてリサイクルショップを覗いてはいたが、
なかなか条件に合うものは見つからない。
今日もあちこち見て回った。

思い当たる近所の店には、
”これだ!”ってものが無かった。
時間もあったのでバスに飛び乗り・・・
笹塚で下りて10分ほど下北沢方面へ歩き
アンティーク好きな人には有名らしい店を覗く。
探していたサイズに近い座卓が
幾つか売られている。
しかし・・・

どれも予算を倍以上オーバーしている。
眺めるだけで帰ろう、
と思いかけていたところ、
ちょっと気になる座卓を見つけた。
桑張り総桐で、サイズはぴったり。
でも、予算の倍くらいの値段。
気になって眺めているうちに
気に入ってしまって、買ってしまった。

Photo

バスに乗ってお持ち帰りしたが、
総桐なので軽い軽い。

で、その座卓。
何に使うために探していたかと言うと・・・

Photo_2

イイ感じ。
予算は大きくオーバーしたけど、
買って良かった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年4月 »