« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月14日 (土)

スマフォに変えました

機種変更を考え始めてから約2年。
iPhone使い始めて約半年。
スマフォを買おうと決めてから約2週間。
そして・・・
アンドロイド人間になって1週間。

スマフォを買おうと決めてから、
選択の必須条件は

1.キャリアは変えない
2.防水
3.モバイルSUICAは使いたい
4.ワンセグ搭載
5.国産メーカー

以上、あまり多くはない(と思う。)
5に関してはあまり多くを語らないが、
まあ、3と4を条件にしたところで
国産に絞り込まれてしまう。
カメラの画質は全く拘りなし。
いくら画素数を上げたところで
所詮・・・である。
僅か620万画素のD50のほうが
はるかに表現力は高い。

下見に行って、候補に挙げたのは

XPERIA acro HD (SONY ERICSSON)
ARROWS Z (FUJITSU)
DIGNO (KYOCERA)

以上の3機種。
それぞれ一長一短で、迷った・・・
デュアルコアに拘りたかったが、
WiMAXもあると嬉しいけど、
バッテリーの持ちは長いほうがいい。

最終的に選択したのは
KYOCERAのDIGNO(ISW11K)
シングルコアで
バッテリー容量は小さいが、
安定感の高さが
ネットの評判からうかがえた。
(シングルコアであるデメリットが
今後徐々に目立ってくる可能性も
懸念されるところではあるが。)

巷で大人気のiPhone、
会社支給のモノを毎日使っていたが、
何故こんなに人気があるのか、
正直解らなかった。
しかし、1週間DIGNOいじって
iPhoneの完成度の高さは認識できた。
買って来てすぐ使える。
操作性も洗練されていて解りやすい。

appleの製品は良くできている。
ユーザーが”意識せずに”使える。
MACにせよiOSにせよ、である。
正に、便利な道具だ。

しかし、わしには”面白くない”。
わしは機械いじりが好きだから、
いじる余地のほとんど無い
apple製品は、魅力的に見えない。
・・・ただの天邪鬼だから、
かもしれないが・・・

で、DIGNO。
ボディが若干薄すぎるので手に馴染まない。
もうちょっと厚くして、バッテリー容量を増やすべきか。
サイドのボタンもちょっと押し辛い。
が、1週間楽しませて貰ってる。
DIGNO、というより
ANDROIDが面白いのかもしれないが、
もう暫く楽しめそうだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »