« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年5月

2012年5月 1日 (火)

破線はつらいよ~滝子山~

今年のGWは、カレンダー通りであれば
前半と後半にクッキリと分れる。
後半は、恒例となった会津旅行。
さて前半は・・・?

この連休から公開が始まる、
テルマエ・ロマエ」を観に行くか、
足馴らしの山歩きに出かけるか。
山に行くなら何処に行く?
あれこれ迷って出した答えは・・・
”両方行っちゃえ!”

公開初日の指定席を抑えた後、
どの山に登るか、の検討会。
後半は会津に行くのだから
栃木方面は見送ろう。
やっぱり富士山眺められるところ?
・・・って事で、大月方面へ。

この辺の山は、
駅から歩いてアクセスできる山が多い。
そして、富士山を綺麗に眺められる
秀麗富嶽十二景に選定された山が並ぶ。
去年の暮れに、友人を誘って
富士山を眺めるために登ったのも
この沿線の倉岳山。

何だかんだあれこれ考えて、
行き先は滝子山に決定。
駅からは若干遠目だし、
歩行時間も足馴らしにしては長い。
でも、下りたところに
以前寄った事があるいい温泉があるし。

笹子で中央線を下りて
バスを使って出来るだけ登山口へ近づく。
駅から歩くのが通常だし
稼げる時間も10数分程度。
僅かでも時間が短縮できる事と
その時間分の体力を温存できる事を
合わせて考えれば、
一緒に歩く嫁にとっては
小さくない差だと思える。

バスを下りてから約30分、
お地蔵さんの立つ登山口に到着。
芽吹き始めた新緑と
咲き始めた様々な花が
目を楽しませてくれる。
しかし、眺望の無い
どちらかと言えば単調な登りが続くが
時々現れる滝と、
地元の小学生による手作りの看板に
励まされながら標高を上げていく。

登り始めた頃は雲ひとつない空だったが、
頂上が近付く頃には雲が目立ちはじめた。
”富士山見えるかな?”
と不安を感じながら辿り着いた頂上。
頭が雲に隠れてはいたものの、
何とか富士山は眺められた。

昼食を摂り、
写真を撮り、
休憩を取った後に下山開始。
若干遅れ気味ではあるものの、
初狩駅から程近い温泉に寄るだけの時間は
何とか確保できそうだ。
という事で下山開始。

程なく、1等三角点を通過
するはずだったが・・・
あれ?・・・ない、なあ・・・
おかしい、と思っていたら・・・
やっぱり分岐を見逃していた。
でも、道を外れている訳でもなく
何処にいるかもはっきりしてる。
下り立つ場所から帰りの道筋も
すぐに決められたので、
そのまま下りる事にした。
登山地図では破線で示されているルート
尾根は痩せていて道は険しかったけど、
踏み跡は判りやすい。

キツイ傾斜が続き、
次々現れる岩場は、
攀じるような場所も多い。
流石にペースは上がらず、
温泉は諦めざるを得なかったが、
下りて程なく歩いた場所に
高速のバス停を発見。
バス会社に確認すると
乗車は可能だという事なので
そのバス停から新宿へ向かう事にした。

結構ヘビーな足馴らしになってしまった。
おかしいと思ったらすぐに止まって確認し
引き返さなければいけないのだが、
道は明瞭だし転落に気をつければ
さほど危険な道ではない
との情報も得ていたので、
そのまま進む事を選んだ。
無事に帰れたのは
結果オーライだったかもしれない。
地図はしっかり見て
道標に頼りっきりにならないよう、
気をつけます・・・

アルバムはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »