映画・テレビ

2013年6月25日 (火)

動物を飼う、という事

世界中でネコの写真を撮る
動物写真家・岩合光昭さん。
その写真展を観に行った。
今回で2回目だ。

自身でもネコを飼っている
岩合さんのその視点は流石。
世界の風景・日常の中で暮らす
いろんなネコ。
そのほとんどの写真に
アップで写っているネコは少ない。
”何処にネコが?”
と探さないと判らない写真も
結構あった。
でも、確実にそこにはネコが写っていた。
そして、世界中何処でも
ネコはネコなんだなあ、と。

前回も結構な人出だったが
今回は更にスゴい人出だった。
ネコ好きって、こんなにいたのか。

「犬と猫と人間と2」
という映画を観てきた。
震災後、取り残された動物たちを
追いかけたドキュメンタリー。
正直、楽しいテーマでは無い。
直視したくないシーンがある事も
分かっていた。

まとまりの無い作品、
と一言で言ってしまうと
語弊があるかもしれないが、
2年間被災地でずっと続いていて
未だに解決しない問題が
100分そこそこで纏まる訳が無いし、
無理に纏めれば嘘臭くなる。
結論は無く、自ら考える他無い。

今、我が家にはネコがいる。
この家に越してきて
半年経とうか、と言う時に
近所の駐車場で拾ってきた。
実家にもネコがいた。
小学校高学年くらいの時に
野良が住み着いて、
以降、実家にはいつもネコがいた。

ペットであれ家畜であれ、
動物を飼うという行為は
人間のエゴから始まっている
と思う。
己の欲求のために、
それまでの生活を奪い
自分のテリトリーに
拉致し縛り付けたり、
経済の名の下に命を奪う。

以前も書いたけど、
ペットショップは大嫌いで、
餌や用品を購入するにも
生体を販売する店は
絶対に利用しない。

---------------------------------------

2週間前に観に行った
動物に関する2つの展示。
改めてペットに関して思うところを
まとめてみようと思ったけど、
・・・まとめられなかった。

いろいろ思うところはあるんだけど
きちんと言葉で表現できない。
うまく言える言葉が見つかったら
また書いてみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

ドクター・タカス

取り敢えず、よく解らないCMである。
美容整形のイメージとして、
サッチーは適当なのか?
砂漠を4WD車で疾走?したり
優雅にヘリに乗ったり。
そうかと思うと、アラブの成金と
何やら談笑。
ドクター・タカスは、ドバイで何をしているのだろう?
「当クリニックには、沢山の患者さんがいらっしゃいます。
お蔭で、こんなに豪遊できるほど儲かってます。」
・・・って事ぢゃないよね、言いたい事。

訳判らんCMと言えば、
未来尾って法律事務所。
「ヤミ金に手出しちゃってどうにもならない人、
ウチにくれば何とかなるかもよ?。」って、
おねえちゃんが棒読みしてたかと思ったら、
数字ズラズラ並べて、
「未来尾が変える。」って、
素人に端的に言われても
何の事やらさっぱり・・・

でも、CMって企業や商品の名前を
印象づけるのも目的。
逆に、CM自体の印象が強過ぎて、
”何のCMだっけ?”
なんてのもよくあるから、
その点で上記2つのCMは
”良いCM”って事なのかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

昨日と今日と

「明日の予算委員会、
参議院の戦闘力の高さをみてください。」
自民党のとある議員から
こんな内容のツイートが飛んで来たのが一昨日。
だったら観てみよう、って事で
朝からずっとNHKにチャンネルを合わせた。
質問に立った自民の議員さん達、
確かに舌鋒鋭く追求は手厳しい。
が・・・狙う的が違う、ように思う。
興奮して声を荒げて、沢山時間を割いて、
揚げ足を取る事はそんなに重要か?

殺人事件を伝えるニュースで、
現場の映像ではなく
近所のお宅の映像を間違って
放映してしまったとの事。
間違って放映されたお宅やその近所、
大なり小なり迷惑被っただろう。
当然、キャスターがお詫びした。
誰かの失言に対しては、
「謝罪して済む問題でしょうか?」
なんて大騒ぎするが、
自分達のやった事に対しては
一言詫びて頭を下げるだけ。
似たような事、何度も繰り返すのに、
一言詫びて頭を下げるだけ。

ボジョレーヌーボー解禁。
毎年の恒例行事。
近所の酒屋で、スーパーで、
ディスカウントストアで、
ボジョレーヌーボーの文字が踊る。
あまり興味が無く、ワインは殆ど呑まない。
でも、ボジョレー地方で造られた新酒
という事は知っている。
よく見てみると、何種類かある
という事に気がついた。
そりゃそうだ。
日本酒で言えば
「新潟の今年の新酒」
って事なんだろうから。
新潟には幾つも蔵があって、
いろんな米でいろんな仕込み方をしてる。
なら、ボジョレーヌーボーに
何種類かあるのも当然の事。
いつもの酒屋で3種類試飲させてくれた。
なるほど、いろいろあるんだね。

普段、夕食は自宅で摂る。
しかし、ひょんな事から
一人で外食する事になった。
何処に行こうか、軽く迷ったが、
久し振りにすき家へ行った。
前夜に、お願いランキングを観たのが理由。
そこで興味を持った、”食べラー・メンマ牛丼”。
元々、食べるラー油好きだったし、
期待を裏切らない味でした。

明日もいい天気だそうです。
青梅街道の銀杏並木、
今年はまだ黄色くなりそうにないなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

”愛護”とか、”保護”とか

動物が好きです。
特に、ネコが好きです。
でも、
ペットショップは大嫌い
です。

「犬と猫と人間と」
という映画を以前紹介しました。
今日、ようやく観に行けました。

徳島の愛護センターのシーンは
印象的です。
”崖っぷち犬”が世間で話題になっていた頃、
同じ時間に同じ場所で行われていた
同じ行為が、対照的に映し出されています。

とある愛護センターの所長さん。
「処分するのが、動物好きの我々で
良かったのかもしれない。
好きでもない人が処分したら、
それこそただのモノとしか扱って
貰えないだろうから。」
涙を堪えているようにも見える表情で
そう語る言葉の中に、
そこで働く人達の、本当の気持ちが
見えた気がしました。

イギリスには、
野良犬も野良猫もいないそうです。
しかし、殺処分される犬猫の数
日本の1/15だそうです。
イギリスのペットショップでは
犬猫を売っていないそうです。
大変好感が持てます。

機会があったら
ではなく、
機会を作って
1度ご覧になってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

夢を見る・夢を追う

今更ですが、音楽が好きです。
初めて楽器を手にしたのは、
高校生の時。
ほんのちょっと弾けるようになり、
バンドなんかに参加するようになって、
『5年後には武道館』
何て大それた事を夢見ていた。
弾けば弾くほどに、
そんな”夢”からも”引いて”いったのだが・・・
自分が弾けないのなら、
弾ける人達をサポートする立場として
音楽を創る現場に携わろう。
そう考えて、前職を選んだ。

その頃、世はHeavy Metalブームに
火が付いた頃だった。
そんな時代にデビューし、
一瞬だけど脚光を浴びたバンドがあった。
その名前を先日久し振りに聞き、
懐かしいねえ、なんて思ったら
何とまだ続けているという!
そんな彼らを追い続けた
ドキュメンタリー映画が出来た。
~夢を諦めきれない男たち~
とサブタイトルが付けられたこの映画。
20年以上鳴かず飛ばずだけど、
『ロックスターになってやる!』
と熱く語る50オヤジ。
Heavy Metalが嫌いでも、
音楽にさほど興味が無くても、
何かを感じて映画館を後にできると思う。

--------------------------------------------------------

今更ながら、
とあるホッケーチームを応援しています。
会社から廃部を宣告され、
クラブチームとして再出発し、
10年間資金難に苦しみながら
何とか活動を続けている、
そんなチームです。

廃部からクラブの立ち上げ
そして経営まで。
『夢は力なり』
と選手達を励まし、
その夢を後押しし続けた
男の意思は今でも受け継がれ、
毎年健闘を続けている。

昨日はそんな、
”夢を諦めきれない男たち”と
”夢を追い続ける男たち”を
観て来ました。
『夢は力なり』
を実感した土曜の午後でした。

| | コメント (6) | トラックバック (1)