音楽

2017年11月25日 (土)

やっぱりねぇ、受け容れられないんですよ

最近、女の子が歌うメタル?が人気のようです。
世界の大御所がバックアップしたり、
日本の重鎮メタル評論家が認めたり。

でもね、やっぱりね
わしはダメなんだよなあ。

女性だから、ぢゃねぇです。
日本人だから、でもねぇです。
Battle BeastもTerra Rosaも
カッコイイと思うし正真正銘Heavy Metalだと思う。

ヴォーカルも音楽を表現する楽器の1つだとするなら
その”音色”に拘ることは当たり前の事では無いかと。

Heavy Metalであっても
表現の為に
ギターやベース、ドラムの音色に拘ることは
当たり前に普通のこと。
メロディを表現するヴォーカルの
”音色”は最も重要なことと言ってもいいのでは?

そう思うので、アイドルみたいな声で歌われても
Heavy Metalとしてちっともカッコイイと思わんのですよ。
というより、Heavy Metaに聴こえんのですよ。

と、わしは感じる訳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

The Song Remains The Same

ネットラジオを聴く機会が増えている。
今日は、”Big 80's Metal”。
名前に惹かれて選局してみた。
Dokken
Scorpions
Judas Priest
Megadeth
Motley Crue
Ratt
Def Leppard
Stryper
Twisted Sister
Vixen
Winger
Quiet Riot
兎に角、あの頃耳にしていた曲が
メドレーのようにかかる。
気分が高揚する。
ふと、思い出した事があった。

昔は良かった、
なんて言うつもりは無い。
が、音楽に対して
一番熱い思いを抱いていた、
オッサンらしい言い方をすれば
青春って頃に聴いていた音楽に、
今でも熱くなれるのである。
それが、生活の中心的存在であったし
その記憶からあの感情を思い出して
”あの頃のほうがカッコイイよな~”
となってしまうからなのか?

今年の春くらい、
仕事で一緒になった若者と
好きなバンドが同じだ
という話題になった。
わしがのめり込んだのは、
その殆どが70~80年代のバンド。
彼もその年代のバンドが好きだという。
そんな彼にも訊いてみた。
「決して、記憶の中で美化して
カッコイイと思う訳じゃ無いと思いますよ。」
彼は、キッパリ否定した。

勿論、今をときめくバンドにも
カッコイイと思うバンドは、当然いる。
何れにせよ、あの音楽に出会って
音楽にのめり込み
生業にする事まで決め、
”めたろー”
と呼ばれるようになった訳である。
これからも、あの頃の音楽に熱くなり
新たなバンドを模索し続ける事は、
間違い無い。
・・・んじゃないかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

Ronnie James Dio

昨日と今日、
通勤中に聴いていたのは、

RAINBOW-Rising
RAINBOW-Long Live Rock'n Roll
BLACK SABBATH-Heaven And Hell
DIO-Holy Diver
DIO-The Last In Line
DIO-Sacred Heart

この6枚のアルバムに共通するのは
希代のヴォーカリスト
Ronnie James Dio
力強い存在感を示している
という事。

他にも彼が歌っているアルバムは
数多い。
でも、輝かしき彼のキャリアの中で
わしが、彼の真骨頂だと思うのは
前述した6枚のアルバム。
そうそう、
”HEAR 'n AID-Stars”
も忘れてはいけない名曲の1つ。
歴史に残る、密度の濃い
ギターソロも彼のプロデュースによるもの。

沢山の興奮と感動を有り難う。
今でも貴方の歌声を聴くと
胸が高鳴ります。

Reat In Peace

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

15th JAZZ STREET

阿佐ヶ谷で、この時期に聞かれる
”じゃずはろ”という言葉。
JAZZとハロウィンを
くっつけた造語。

今年で15回目を迎えた、
『JAZZ STREET』
街角で、学校の体育館で、
公民館で、そして焼き鳥屋で。
阿佐ヶ谷のいたるところから
音楽が聞こえてくる。
七夕が行われたアーケードには
小学生が描いたライブの絵が
飾られる。

今年も楽しみに待っていたんだけど
・・・仕事で行けなかった。
去年・一昨年と雨に祟られて
客足が伸びなかったから
今年の開催が危ぶまれていたから、
尚更観に行きたかったんだけど、
残念・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

Rest In Peace Ⅱ

『King Of Pop』
その功績は、その称号に相応しい。

ここ10年くらいは、その音楽活動や
エンターテインメントとはかけ離れた
ところでの話題が多く、ネガティブな
ものばかりだったように思う。

初めて聴いたのは、
”今夜はドント・ストップ”と
邦題が付けられていた。
ポップで、跳ねるようなリズミカルな
曲調は、まさに”ブラック”。

その後に発表された『スリラー』
は語るまでもない大ヒット。

それほど思い入れのある
アーティストでは無かったけれど、
音楽を語るうえでは、必ず名前の
出る、大きな足跡を残した事は
間違い無いのだろう。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

Rest In Peace

「そのギター、いいですねえ。」
「いいでしょ、フェルナンデスに作って
もらったんだ。」
今でこそその存在すら忘れられて
いるが、一時期ブームともなった
象の形をしたスピーカー内蔵の
ギター・zoさん。
冒頭の会話を交わした時には、
まだ発売される事さえ決まって
いなかった頃ではなかっただろうか。

「ヴォーカルにかぶるんで、ギター
弾かないで歌ってもらえますか?」
「まだ弾きながらじゃないと音が
取れないんだよ、ごめんね。」
録音する側としては、厄介な注文
だが、それを納得させられる
”結果”を見せつけられる存在感。

3日間、毎日朝まで、いやお昼まで
続いたデモ録り。
全てが終わって、楽器が撤収され
スタジオの機材を片付けている時、
わざわざ戻って来たヴォーカリスト
とギタリスト。
マイクケーブルを巻いていたわしの
手を両手でしっかり握り
「3日間どうも有難う、いいものが
できました。」
まっすぐ目を見つめてそう言って
くれた。

メディアで目にする強烈な個性とは
裏腹な、シャイで無口な、でも片時も
ギターを手放さないこれ以上無い
Rock馬鹿。

今まで仕事をして来た中で、
最も印象に残っている、充実した
楽しかった仕事の1つ、RCサクセション
のデモ録音。

忌野清志郎様
ご冥福をお祈り致します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

音楽はいい!

わしはどうやら趣味が多いらしい。
言われてみれば、単車であり登山であり、
スポーツ観戦であり、PCであり、酒であり。
カメラでありそして、生業ともした音楽であり。

職を変えてからは、どれも満足に
できていない気がする。

趣味でもあり仕事にもした音楽に関しては
”神”と崇め奉る存在のLED ZEPPELIN。
最近再結成の話題もあったけど、
正直興味は無かった。
自分たちの創った音楽を、自分たちが
再現できなくなった姿は、わしには
哀れであるとしか映らない。
神の威厳どころか、幻滅するばかり
である。

ZEPPELINは神なので唯一無二・絶対な
存在だが、アイドルは数人(組)いる訳で
そのうちの1つがMETALLICAである。
最近の作品には首を傾げたくなるものも
無くはないが・・・

先日、そのMETALLICAの2008年のLIVE
をCSで放送していた。
あまり期待をせず、でも気になっていた
ので録画していたのだが、数日観ないで
放っておいた。
昔の勢いを期待できなかったから。

でも、今目の前で再生されるそのLIVEを
観ながら、自然に頭を振ってる自分がいる。
演奏されるナンバーは、わしが”METALLICA
の全盛”と思っている時代のものばかり。
しかも、メンバーは確実に20年の齢を
重ねているにも関わらず、勢いのある
当時と遜色ない演奏をしている。

眠気が吹き飛んだ。
久し振りに音楽に興奮してる自分がいる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

BGM

先週咲き始めた桜。
今週あたりが花見にいい頃かな
なんて思ってたけど、寒い日が続いて
今週はまだ五分咲いたかどうか?
宴を開くなら、やっぱ来週かcherryblossombottle

日曜の午前中、サンデージャポンという
番組をよく観ている。
爆笑問題が司会をするニュースバラエティ
だが、BGMの選曲がそれらしい?
例えば、西川史子のVTRでは、
「Doctor Doctor (UFO)」
高速料金\1,000のVTRでは、
「Highway Star (Deep Purple)」
タロット占いのVTRでは、
「Tarot Woman (Rainbow)」
とまあ、タイトルが”まんま”な曲を選ぶ事がほとんど。
そうそう、献金疑惑の時は、
「Money (Pink Floud)」だったな。
わしの好きなジャンルで、しかも年代的にも
同じ所にいる人が選んでるんだろうと思えて、
毎週思わず”ニヤリcatfaceとさせられる。

昔、バンドをやっていて、プロを目指して
活動したりしていた。
Cylinder Head と名乗っていたそのバンドは、
毎月何処かでLiveをやっていたけど、
動員は少なく毎回赤字だった。
自主制作のCDなんかも創ってその中に
「Merry Go Round」
って曲があったんだけど、歌い出しが
そっくりなんだよな。
http://www.gaitame.com/gaitame/heart.html
わしが曲を書いてた訳じゃないけど、
パクられたって思っちゃった。
・・・って、10年も前のアマチュアバンドの
曲なんて、誰も知らないよねcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)