旅行

2012年7月22日 (日)

津波も放射能も来なかったけど・・・

という訳で、GW後半は予定通り会津へ。
宇都宮の実家で車を借り、
東北道で白河ICを目指す。

白河ICを降りて4号線から
以前は”登山国道”として
酷道ファンには知られた
289号線を辿って下郷へ。
降ったり止んだりの
生憎の天気の中、
県道346号線を西へ進む。
最初の目的地は、戸赤の山桜
”どこにあるんだ、行き過ぎた?”
と思っていたところに、
山の斜面に点在する
濃淡様々に咲き誇る山桜。
晴れていれば鮮やかなコントラストを
楽しめたのだろうが、
曇り空のこの日は
水墨画を見るような味わい。
それはそれで趣のあるもの。

更に西へ進み、400号線で昭和村へ。
いかにも昭和な木造校舎
山間の国道沿いに佇む。
校庭であったと思われる場所に車を停め
校舍の周りをゆっくり1周。
ボロボロではあるけど、
何か”風格”のようなものも感じる。
昭和村の名産でもある
からむし織の工芸博物館を見学し
玉梨温泉、会津川口を経て
宿泊地の早戸温泉へ。
ここの温泉、掛け流しはいいんだけど
熱かった~。
加水しないと入れません・・・

2日目も空模様は芳しくない。
宿からほど近い沼沢湖に立ち寄る。
夏になればお手軽にキャンプが楽しめそうだ。
沼沢湖をぐるっと廻るように
昨日通り過ぎた玉梨温泉へ抜ける頃には
天候が回復して、青空が眩しいくらいに。
江戸の昔から存在しているような街並みを
眺めたりカメラに収めたりしていると、
地元の人に話を聞くことができた。
そして、その人が管理する古民家の中を
案内してもらえた。

玉梨温泉の共同浴場で立ち寄り湯を楽しむ。
川沿いに咲き誇る満開の桜を楽しむ。

会津川口駅前で開かれていた
物産展で昼食を買い込み、
未だに濁ったままの只見川を
上流へ遡る。
走りだしてすぐ、流され落ちたままの
鉄橋
を目の当たりにする。

列車が走らなくなって1年以上、
錆びた線路が延々と続く只見線
誰も使う人はいないが、
桜はいつものように花を咲かせている。
その下で、買い込んだお昼を広げた。

更に川沿いを遡り、
とあるダムの上を走っている時、
衝撃的な光景が目に飛び込んでくる。
只見線の鉄橋が、まるごと流されている。
そして、落ちた橋桁が川の中に
そのまま残されている。
線路は力なく川面に向かって垂れ下がっている。
固く、曲がるはずも無さそうな鉄路が、
敢え無くぶら下がっている。

湯倉温泉の共同浴場で立ち寄り湯。
国道の対岸にあるそこへ渡る橋、
そこにも、小さな傷跡が残っていた。

只見川沿いに走る只見線、
いつ乗客を乗せた列車が来るのか。
錆びた線路と無人の駅舎は
ただひたすら待っているようだ。

この日の宿は、滝沢温泉・松の湯
浴室のすぐ横に自家源泉を持つ民宿。
道を挟んだ向かい側には、
やはり只見線の赤錆びた鉄路が延びていた。

同宿になった、郡山から来た初老のオッサン達。
来る途中に仕入れたという花泉をご馳走になる。
わしの親父も郡山出身で、なんて話をしていたら、
「へぇ~○○商事のご子息、あ~、そうなんだ~。」
親父の会社を知っているという。
あの・・・ご子息なんて言う程
大したもんじゃ無いっす・・・
そうそう、こんな話もしてくれた。
自分の車で他県(日本海側の隣県)へ出かけた時
GSからなかなか店員が出て来なかった。
何故そこの店員が接客を渋ったのか。
オッサンの車のナンバーを
しきりに気にしていたそうである。
そう、福島から来た、それだけで・・・

最終日、付近に湧くという炭酸水へ。
サイダーのようなシュワシュワ感は無いが、
ほう、成る程、という味わい。
昨日立ち寄れなかった、大塩温泉へ戻る。
その途中にも、炭酸水は湧いている。

大塩温泉共同浴場の隣に建つ民宿は、
期間限定で現れる
川岸の露天風呂を持つことでも知られるが、
壁は剥がれ落ち、営業できているのか?
と思わざるを得ない風貌。

入浴を終えて、偶然にも宿のご主人に話を聞けた。
昨年の水害で、宿も濁流に巻き込まれたそうだ。
上流側の壁はまだブルーシートに覆われている。
何故修復しないのか・・・
賠償問題が解決しないので、
直すに直せないのだそうだ。
ここでも、電力会社との問題は解決していない。

田子倉湖を見に行けるかな?
行けるところまで行ってみよう。
更に只見川を遡る。
どこまで行っても、川の色は濁ったまま。
途中、止まったままの列車が放置されていた。
前も後ろも、橋が落ちて進むに進めない。
1年以上もその場に放置されたまま。

宿を出た時は快晴だったのに、
ダムに近づくにつれ、
激しい雨が降ったり止んだり。
そして、ダムの手前で、
国道も通行止めになっていた。

只見まで戻り、ちょっと変わった古本屋へ。
全国から買取を受け付けるその本屋、
代金は、”土地”なのだそうだ。

289号線を田島方面へ。
帰路についたわけだが、
途中、酒蔵に寄った。
昨晩、宿でも頂いた花泉。
シーズン?ではないので、
酒蔵に在庫はほとんど無いとの事。
その代わり、付近で扱っている
販売店を教えてもらった。

今回訪れた場所も、被災地だった。
全てを押し流してしまう程の、
凄まじい濁流を容易に想像できるほど
強烈な爪痕を目の当たりにしてきた。
ここも東北、ここも福島。
復興はいつになるのか・・・

アルバムはこちら

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

温泉に行こう、福島へ行こう!

◆プランニング
 GW、何処に行こう・・・
 やっぱり会津かな。
 あれこれ迷って、安達太良の山間、
 土湯の奥の不動湯に行き先は決まり。
 (会津、と言うより中通り)
 東京から土湯への格安高速バスがあるけど
 何故か運休中だとか・・・
 じゃあ、車を借りよう。

◆1日め
 1泊2日の行程中、
 天気予報はどちらもいい。
 途中の渋滞も無いみたいだし、
 期待通りの2日間になりそうだ。

 那須近辺から福島へ向けての東北道、
 所々に真新しいアスファルトや
 高速道にはある筈のない段差も。
 路肩に目を向ければ、崩れている所もある。
 地震の爪痕だな・・・

 東北道を下りて土湯温泉に向かう。
 街中で目にするこけしと足湯。
 名工の作を並べる店の奥の棚には、
 地震で倒れたままのこけし達。
 実は、もう3度も並べ直しているのだという。
 立派な枝垂れ桜が境内を飾る
 小さな神社の灯篭も倒れたままだった。

 山間の一軒宿、鄙びている。
 一息ついてから、まずは露天風呂へ。
 ちょっと不安になる長い階段を下り、
 更に屋外の石段を下り、
 渓流沿いの小さな湯船は
 ゆったり入るには3人が限度。
 石段を下りる為のサンダルは
 二足しか用意されていない。
 要するに、貸し切り状態。

 麓の土湯や野地の宿では
 被災者を大勢受け入れているらしい。
 国からの補助は、被災者一人あたり\5,000。
 立派なモノを出す必要は無いが
 3食提供しなければならず、
 繁忙期と同じだけの人件費を必要とする。
 一部の被災者が夜中まで宴会騒ぎ、
 堪え兼ねた一般客が連泊を諦め、
 近隣の静かな宿を探す。
 受け入れ側も限界が近いようだ。

◆2日め
 安達太良の麓から吾妻連峰へ。
 吾妻小富士が徐々に大きくなって来る。
 有料道路の料金所に着く頃は
 また空一面雲に覆われてしまった。
 しかしこの道路、高い・・・
 標高も、料金も、高い。
 浄土平の駐車場で、また料金を取られる。
 「ま、募金だと思えば・・・」
 こう考えてしまうところが、
 政治家やら役人やらに巧く騙される
 日本人の代表のようにも思えた。

 一切経山は、何年か前に登頂を断念した頂。
 そのリベンジ成るか、とも考えたが、
 まだ雪に閉ざされているとの事。
 今回は吾妻小富士から
 噴煙立ち上るその姿を堪能する事にした。

 浄土平を後にすると、
 小規模ながら雪の回廊が現れる。
 数センチの積雪で大雪と騒ぐ、
 そんな所で産まれて育って
 日常を過ごした四十数年には、
 十分に心躍る雪の回廊。

 有料道路が終わる頃、
 そこに湧くのは名湯・新野地温泉
 豊富に湧く白濁した硫黄泉、
 露天を存分に楽しみたかったけど
 雨が落ちて来たので内湯へ避難。
 内湯でもお湯の良さは変る訳ではなく
 存分に堪能できる。
 いつか泊ってみたい宿の一つ。

 帰路に着いた東北道で、
 軽く睡魔に襲われたので
 相方に運転を替ってもらう。
 相方の運転は初めてだ。
 これからは、たまに運転して貰う事にしよう。

 スカイラインから遠く眺めた磐梯山。
 次はあの頂に挑戦したいな。

 (アルバムはこちら

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

太平洋から日本海へ

ニッポン:インポッシブルという番組を、
何気に楽しみに観ていた。
番組、というよりも
「ひたすら県境を歩いてみよう!」
というコーナーを楽しみに観ていた。
東京・千葉の県境から始まり
東京・埼玉→埼玉・山梨→埼玉・長野
→長野・群馬→長野・新潟→新潟・富山
とひたすら県境を辿る、
89日間・613kmの旅。

太平洋側から日本海側へ。
その一番長いと思われる県境を辿り
今週のオンエアーでゴールを迎えたが
それを観ていて・・・
昔自分が実行したある事を思い出した。
「太平洋で日の出を拝み
日本海に沈む夕日を眺める。」
そんなツーリングを計画し実行した事を。

千葉の犬吠埼で日の出を拝み
佐渡の海岸で夕日を眺めたかったが、
1日でそれを走り切るのは
ちょっと無理があった。
という事で、実際には
福島の海岸で日の出を拝み
佐渡へ渡って夕日を眺める
というプランで実行した。

途中トラブルがあり
佐渡へのフェリーの時間が
ギリギリになったけど、
何とか達成できた。
またあんな面白い事、やってみたい。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

【アルバム】10年05月木賊温泉

久し振りに、南会津を訪れた。
天候にも恵まれた2日間。

毎週のように単車で
あちこち出かけていた頃、
栃木と福島にまたがる
ロングダートを走り繋いでいた時
気になっていた二つの温泉地。
3年前に、田代山に登った帰り、
その一つに入ることができた。

数年前まで、
夏の終わりの数日間を
会津で過ごす事が
恒例行事になっていた。
その時も、あの温泉地
気にはなっていたが、
訪れることは出来なかった。

今年のGWは何処へ?
そんな相談をギリギリまでしていて、
以前訪れた宿を再訪しようと
決めかけていた時、
TVで”気になっていた”
あの温泉地を取り上げていた。
それで、即決!

木賊温泉
そこに湧く湯は、
無色透明・硫黄臭漂う
アルカリ性の単純泉。
共同浴場の岩風呂は
小さいけれども
集落の誇りだそうだ。
確かに、いいお湯です。
周りの山はまだ雪に覆われて
桜もまだ開かない山里。
今度は以前と同じ
夏の終わりか紅葉の時季に
かつての懐かしい場所と一緒に
再び訪れたいと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

【アルバム】10年02月湯宿・法師温泉

さあ、夏に失くした財布を探しに行くぞ!
って訳ぢゃ無いけど、
谷川連峰の麓の温泉に泊まって来ました。
射的もスマートボールも無い温泉街。
地元に根付いた共同浴場が四つ。
無色透明でほんのり香る硫黄臭。
共同浴場も宿の内湯も
当然のように”飲泉可”。
鄙びた、静かな温泉街だけど、
そこに湧いていたのは、
いずれも本物の温泉。

写真沢山撮ったのは法師温泉、
だったけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

福岡、ごちそうさま

仕事が終わって、ホテルで一息ついて、
この後の目的地を確認して、
さあ出かけましょうbeerhappy01

ホテルから歩いて5分。
太田和彦が強く薦める1軒。
繁華街からはちょっと距離を置き、
静かに佇む「さきと」

カウンターしかない店内。
訪れた時、先客は4名ほど。
美味しそうな料理のメニューと
旨そうな酒が所狭しと書かれている。

ここ、刺し身旨~い。
ごまさば、えんがわ、あと・・・
あ、名前忘れた・・・
この名前忘れた奴が、
白身でたんぱくなんだけど
コリッとした食感、
適度にのったあぶらと
ほんのり甘み。

それから、旨い日本酒が
沢山置いてあったけど、
この日一番は、
芋焼酎「はちまんろかせず」

ホテルへ戻る前に
ラーメンと餃子食ったけど、
普通に感じた。
ホントは美味かったのかもしれないけど、
その前に呑み食いしたモノの
インパクトが強過ぎ?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

出張!

高尾駅北口発 陣馬高原行き。
バスです。
乗り合わせた人の中には
2本のストックを括り付けた
ザックを抱えている人も
乗っていた。

今日は仕事で乗ってます。
影信山の北側に位置する
山間の小学校で、PCの修理です。
終点まで乗れば陣馬山の麓。
天気もよくて、
ちょっとした遠足気分でした。
そうそう、帰りに乗った電車は、
何処発か判らないけど、
立川行きの”普通”列車。
ボックスシートが並ぶ車内で
これまた軽く”旅気分”。

明日から
1泊2日で福岡出張。
居酒屋の下調べOK。
でも天気が悪そうなんだよね・・・
って、仕事で行くんですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)