共同浴場の対岸。濁流に飲まれ、なぎ倒された木々。
あんな所まで水嵩が増していたなんて、言葉を失いました。